本文へ

製品情報>“VAIO”>My VAIO>My VAIO MAGAZINE>Book>部下や挑戦者に読んで欲しい3冊

アノ人の気になるブックス 部下や挑戦者に読んで欲しい3冊 ナビゲーター:タレント・作家 須藤元気

本の執筆や俳優業、音楽活動と、軽やかにジャンルを横断して多才ぶりを発揮している須藤元気さん。無類の読書家でもある須藤さんに、「部下の視点から選ぶ3冊」というテーマでおすすめの3冊を選んでいただきました。また果敢に新しいことに挑む須藤さんに、「挑戦し続けるための姿勢」についても伺いました。

須藤元気の1冊目:『21世紀版 マーフィーの法則』 イマジネーションをコントロールすることを学んだ、学生時代からの愛読書。

須藤元気

本格的に本を読みはじめたのは20歳になってからなんですが、高校生の頃から自己啓発系の本は興味があり、よく読んでいました。当時からプロの格闘家を志していたんですが、肉体的にそれほど優れているほうではなかったので、身体だけではなく、精神面で勝負できないかと考えていたんです。だから、所謂『法則もの』の本は大好きで、『マーフィーの法則』もヘビーローテーションで読みこみました。この本は、イマジネーションが現実をつくるという、皮肉な感じがおもしろい。日常生活ではネガティブなイメージを抱きがちだからこそ、何かに挑戦するときはイマジネーションをしっかりコントロールすることが大事だということをこの本から学べると思います。今、英語の勉強をしているんですが、この最新版には英文も併記されているので、英語の参考書としても活用しています。

【作品紹介】
『21世紀版 マーフィーの法則』
1993年に発売され瞬く間にミリオンセラーとなった、知恵とユーモアと皮肉にあふれた金言集。完全新訳の「21世紀版」では約1600の法則を英文併記で収録している。


著:アーサー・ブロック(著) 松澤喜好、松澤千晶(訳) 発売日:2007年7月 出版社:アスキー

21世紀版 マーフィーの法則

amazonで購入

須藤元気の2冊目:『ロストジェネレーション さまよう2000万人』 20〜30代の「ロスジェネ」世代に伝えたい、僕たちの現実と未来。

須藤元気

この本は、バブル経済崩壊後の「失われた10年」に大人になり、現在の不安定な雇用状況に翻弄されながら生き方を模索する、さまざまな25〜35歳に取材したもの。「ロストジェネレーション」という言葉には「さまよう世代」という意味が込められているそうです。僕は今32歳なんですが、僕らの世代がまさにロストジェネレーションなんですよ。バブルも経験していないし、就職難といわれる暗い時代が続いている。この世代がこれから日本を支える中核となっていかなければいけないのに、一方で破綻した年金制度や雇用問題、2千兆円ある国の借金を返さなければいけないという、負の遺産を抱えているんです。この本にはその現実がまざまざと描かれている。同世代が直面している現状を知る上で、とても有効な本だと思います。

【作品紹介】
『ロストジェネレーション さまよう2000万人』
フリーターから起業家までさまざまな25〜35歳に取材し、「さまよう世代」の現状や本音、未来像に迫ったレポート。掲載時から大きな反響を呼んだ、朝日新聞連載の単行本化。


著:朝日新聞「ロストジェネレーション」取材班 発売日:2007年7月 出版社:朝日新聞社

ロストジェネレーション さまよう2000万人

amazonで購入

須藤元気の3冊目:『窓際OL 親と上司は選べない』 「窓際OL」の等身大エッセイは、社会の中で闘う女性たちにおすすめ。

須藤元気

「特技なし、語学力ゼロ、資格免許は自動車普通免許のみ」という出世コースから外れた「窓際OL」の女性がダメ上司に振り回されたり、成果主義でヘトヘトになっている普通のOLの実態を、きれいごと抜きに等身大で書いているエッセイです。サントリー株式会社で健康食品の広報担当をしている著者は、実は小説家・北杜夫の一人娘。食べてばかりの「胃袋部長」とか上司にペコペコする「ヒラメ課長」とか、実在する上司をいじりながら書いてたりするんですが、文章が軽いタッチで読みやすい。働いている女性の人はきっと共感できると思います。

【作品紹介】
『窓際OL 親と上司は選べない』
ダメ上司に悩まされたり、人事考査に落ち込んだり。現役OLが、日本の会社の実態と、働く女性の本音を赤裸々に綴って話題を呼んだ、『週刊新潮』連載の人気エッセイ第3弾。


著者:斎藤由香 発売日:2008年4月 出版社:新潮文庫

窓際OL 親と上司は選べない

amazonで購入

Close Up

須藤元気

詰め込んだ知識が臨界点を超えて、本を書くようになりました。

今回は、若い世代=挑戦者に向けて、現在を見つめ、未来へと一歩を踏み出すための本をご紹介しました。
僕が最初の本を出したのは、27歳のときです。20歳のときから数年間、一日3冊というノルマを決めて読書をしていた時期があったんですが、そのときに臨界点を超えたことが、本を書くきっかけになりました。食べたら出すのと同じように、いままでインプットしていたものを、あるときからアウトプットできるようになったんです。学びって毎日コツコツ続けることも大事なんですが、何かのスペシャリストになるには、ある期間、集中して詰め込むことも大切なんですよね。そうして詰め込むことで、コップに水を注ぐように、あふれ出すものがあるんです。

須藤元気

読んだことを実践すると、知識がはじめて知恵になるんです。

作家になってからは、本の読み方も変わりました。著者の感情(私はバイブレーションだと思っています)が文字から伝わるようになったし、読むときに、テーマを持って読むようになったんです。基本的に、本の中で著者が本当に言いたいことって、全体の5%くらいだと思うんです。でもそれだと本にならないので、いろいろ肉づけしてある。だから、本当に言いたいことは何か、自分自身に質問を投げかけながら読むんです。人間の脳は、毎秒1000万ビットの速さで情報を処理でき、その能力を発揮するには、質問を用意しておくのが効果的だといわれているんですね。つまり、テーマを決めて読むだけで、本の吸収の仕方が変わってくる。キーワードで目がとまり、要点がつかめてくるので、1冊の本が15分くらいで読めてしまうんです。もちろん、ゆっくり読みたい本はゆっくり読みますけどね。

本で読んだことは、実践するように心がけています。本と現実には、必ず温度差があるので、その温度差を埋めることによって、本の知識がはじめて知恵になるんです。たとえば旅行のガイドブックに、どこどこのお店がおいしいと書いてあって、行ってみたらがっかりした、という経験をすることがありますよね。本に書かれている情報と、現実は違うんです。それを確かめるためには、行動に移さないといけない。本を読むと、つい、わかったふりをしてしまうんですよね。そこが本のデメリットなんです。でも理解はできても、知ることはできない。読書の目的は、そうして知識を生活に活用することにあるんだと思います。

須藤元気

好きなことを楽しんで、集中してやる。それが僕の強みです。

本を書くことも、格闘技も、音楽も、芝居をやることも、僕にとっては、どれもひとつの自己表現なんです。それが、動的なものか静的なものかという違いがあるくらいで、自分の中ではあまり差は感じていません。僕が新しいことに挑戦するとき心がけているのは、それが「楽しいか、楽しくないか」ということだけです。「楽しむこと」は上達の一番の秘訣だし、ほんとに腹の底からワクワクできることであれば、苦労してもそれを苦労だと感じないと思うんです。そして、楽しんでいることがみんなにも伝わって、ジャンルを超越した表現ができるのだと思います。
僕は、その日何をするか、気分によって決めるんです。朝起きて瞑想し、「書きたい」というイメージが湧いたら、その日は執筆をする、というふうに。まさに、自由業なんです(笑)。

でもその待機幅が、僕の強みだと思っていて。本や音楽、芝居といった選択肢が自分の中にあるから、そのとき興味があることを集中してすることができるんです。ただ、元格闘家が、本を書き、音楽もするというと、客観的には「ああ、やっちゃったね」みたいに思われることもある。でも格闘家で名前をあげたからこそ、本を出せたり、音楽活動ができたりするわけで。そこには必ず、メリットとデメリットの両面があるんです。だから僕は、他者の言葉を個人的に受け取らないように意識しています。人にどう見られるかと考えたり、他者の価値判断に惑わされたりせず、ほんとに好きなことを、楽しんでやる──それが新しいことに挑戦するとき、とても大切なことだと思います。

須藤元気

須藤元気
タレント・作家

1978年東京都生まれ。 高校時代からレスリングを始める。全日本ジュニアオリンピックで優勝、世界ジュニア選手権日本代表。高校卒業後に渡米し、サンタモニカ大学でアートを学びながら格闘家としての修行を続け、帰国後に逆輸入ファイターとしてプロデビュー。UFC−J 王者を経て、K−1 やUFCなどで活躍。2006年現役引退。以降は作家、タレント、俳優、ミュー ジシャン等幅広く活躍。著書『風の谷のあの人と結婚する方法』は19万部、他多数の著書がベストセラー。 2008年、母校拓殖大学レスリング部監督に就任。2年目に学生4大会を制覇し、最優秀監督賞を3度受賞している。7月7日に精鋭6名の現役男性ダンサーとともに結成した7人組ダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」として、初アルバムをリリースした。

【公式HP】http://crnavi.jp/sudogenki/blog/

須藤元気さんの最新情報
海外でも大注目のPV収録!!須藤元気が立ち上げたパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」のデビューアルバム好評発売中!!
デビューアルバム情報:
アルバム名:「WORLD ORDER」(CD+DVD)
アーティスト名:WORLD ORDER
レーベル:P-VINE RECORDS
サイト:http://www.worldorder.jp/

アルバム収録曲でもあり、海外でも注目されているPV「MIND SHIFT」も合わせてチェック!
http://worldorder.jp/video/

※各曲とも好評配信中!!

須藤元気

他カテゴリの記事を読む

ページトップへ