本文へ

製品情報>“VAIO”>My VAIO>My VAIO MAGAZINE>Book>芸能人の素顔が見える3冊

My VAIO MAGAZINE

芸能人の素顔が見える3冊 ナビゲーター:女優 星野真里

芸能人の素顔が見える3冊 ナビゲーター:女優 星野真里

映画、テレビ、舞台と活動の幅を広げながら、昨年はエッセイストとしてもデビューするなど、それぞれの場面で、新しい表情を見せてくれる女優の星野真里さん。そんな星野さんに、好きな本のことや「女優」という仕事への思い、さらに転機となったあのバラエティ番組の話などもうかがいました。

星野真里さんの1冊目:中谷美紀さん著の『インド旅行記1』その行動力に圧倒された、女優の一人旅行記

星野真里

同じお仕事をしている芸能界の先輩が、普段どんなことを思いながら生活しているんだろうということに興味があって、女優さんのエッセイはよく読みます。読んでみると、思うことは同じなんだなと安心することもあれば、具体的な憧れになったりすることも。中谷美紀さんのこの本も、そんな一冊です。
発売されたときから気になっていたんですが、あるとき読んでみたら、観光目的やグルメ目的といった女性の一人旅にありがちな軽い旅行記ではなかった。一人で旅立ち、奥深くまでインドの中に入り、いろんな出会いや体験をされている。その行動力に、ただただ圧倒されて。すごいとも思いましたし、うらやましくもありました。私には、ここまでの旅はどうがんばってもできそうにないけれど、まずは私も「いつか一人旅をしよう!」という目標ができました。

【作品紹介】
『インド旅行記1 北インド編』
映画の撮影を終えて精魂尽き果てた女優が、単身飛行機に飛び乗り向かった先、それはインドだった。原因不明の腹痛に悩まされたり、パスポートを盗まれたり。インドの洗礼を受けつつ、38日間かけてインド全土をめぐった旅行記。


著:中谷美紀 発売日:2006年8月 出版社:幻冬舎文庫

インド旅行記1 北インド編

amazonで購入

星野真里さんの2冊目:石田ゆり子さん著の『天然日和』女優の日常をのぞき見するエッセイという愉しみ

星野真里

それまで私の中で、本といったら小説だったんです。でもあるとき、「好きな女優さんが書いている本ってどんなものなんだろう」と思い、手にしたのがこの本でした。この本では、石田さんが普段どんな生活をしていて、どんなことを考えているかを、文章でのぞき見できる楽しさがあるんです。「へえー。石田さん、こんなことするんだ」と思ったり、「あ、ちょっと同じだ」と喜んだり。ほんと、同業者のくせに視聴者的な発言なんですが(笑)。でも、普段でも自分の考えって、すごく親しい仲でもなければしゃべらないじゃないですか。それが、こういう本を読むとわかるのがおもしろい。語り口もやわらかくて、読んでいても心地よかったです。エッセイっておもしろいな、自分も書いてみたいなと、思わせてくれた作品でもあります。

【作品紹介】
『天然日和』
好きな本や音楽、カフェ、ともに暮らす犬や猫たちのことから、掃除や夜更かしの悩みまで……。なんでもない日常に隠れた幸福感を、飾らない言葉で綴り、ひだまりのようなやさしさをもたらすエッセイ集。


著:石田ゆり子 発売日:2006年8月 出版社:幻冬舎文庫

天然日和

amazonで購入

星野真里さんの3冊目:劇団ひとりさん著の『陰日向に咲く』言葉から映像が浮かぶ、人にすすめたくなる一冊

星野真里

劇団ひとりさんの作品です。ひとりさんとは、お仕事ではご一緒させてもらったことはありますが、本の話まではしたことがないので、この本は純粋に読者として読んで「おもしろい!」と思いました。小説って、文字から頭のなかに映像が浮かんで、そのなかで登場人物を動かして、自分だけの物語を思い描けるところが楽しいなと思うんです。この本は、それがどの短編でも無理なくできるし、最後には、それらの話がひとつにまとまる。もう素直に、「ハー、さすがひとりさん、トークだけじゃなくて文章もうまいなぁー!」と思いましたね(笑)。文章も読みやすく、どんどん読み進むことができるから、普段あまり本を読まない人にもすすめられる。頼まれたわけでもないのにいろんな人に「この本、おもしろかったよ」って薦めてまわってます(笑)

【作品紹介】
『陰日向に咲く』
ホームレスになることを夢見ている会社員、売れないアイドルに無償の愛を捧げる青年など、陽の当たらない人生を送る人々を、シニカルかつユーモラスに綴った短編集。小説デビュー作にして多方面から高い評価を集めて話題に。


著:劇団ひとり 発売日:2008年8月 出版社:幻冬舎文庫

陰日向に咲く

amazonで購入

星野真里

星野真里
女優

1981年、埼玉県出身。1995年、NHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」でデビュー。TBSの人気ドラマ「3年B組金八先生」シリーズの坂本乙女役をはじめ、数々のTVドラマ・映画で活躍。04年の主演作品『さよならみどりちゃん』で、ナント国際映画祭主演女優賞を受賞。近年では映画、ドラマ、舞台と様々なジャンルで女優として活躍する一方、バラエティ番組にも出演するなど、幅広い分野でマルチな才能を発揮している。
星野真里 公式ブログ:http://ameblo.jp/hoshino-mari/

他カテゴリの記事を読む

ページトップへ