本文へ

製品情報>“VAIO”>My VAIO>My VAIO MAGAZINE>Book>今だから読みたい日本人論

My VAIO MAGAZINE

今だから読みたい日本人論 ナビゲーター:俳優 藤岡弘、

今だから読みたい日本人論 ナビゲーター:俳優 藤岡弘、

その温かなキャラクターで、老若男女に幅広く愛されている俳優の藤岡弘、さん。あらゆる武道に精通する武道家であり、また長年、世界各地でボランティア活動も展開してきた藤岡さんに、今だから読みたい、日本と日本人を知るための3冊を紹介してもらいました。

藤岡弘、さんの1冊目:『武士道』何度も読み返した武道家のバイブル

藤岡弘、

父から藤岡流という流派の武道を教わっているときに『武士道』を勧められ、以来、幾度となく読み返してきた私のバイブルのような本です。武士道とは、生と死を説いた仏教、大いなる力を畏敬する神道、社会で生きるモラルを説いた儒教、座禅を組んで自分を見つめる禅道という、すべての思想があわさって構築された精神論なんです。でも子どもの頃は、難しくてちっともわからなくてね。父に「またか」と笑われるくらい何度も聞いては、そのたびにやさしく説いてもらったものです。ところが最近の武士道の本は、今の時代に合うように書かれていて、すごく読みやすいんですよ。しかもそれぞれに視点や理解の仕方が違っていて、なかなかおもしろい。私が子どもの頃にこんな本があったら、あんな苦労はしなかったのにと思ってしまいますね(笑)。

【作品紹介】
『武士道』
1899年、アメリカに滞在していた新渡戸稲造が英文で発表し、世界的ベストセラーとなった『武士道』の平成版現代語訳。時代に合った平易な文体によって、失われつつある日本人の伝統的精神性が現代によみがえる。


著:新渡戸稲造(著)岬龍一郎(訳) 発売日:2005年8月 出版社:PHP文庫

武士道

amazonで購入

藤岡弘、さんの2冊目:『五輪書』宮本武蔵が命がけで綴った実践書

藤岡弘、

剣豪として知られた宮本武蔵が、いかなる状況においても生き抜くノウハウをしたためた武術書です。これも最初は難しくて理解できませんでしたが、何十年と武道を続けているうちに、その神髄が少しずつ自分の中で消化できるようになって。実際に真剣を使って実践してみると、刀そのものが身体の一部となり、はじめて「武」というものが自分の思うように動き始めたんです。宮本武蔵はそれまでいくつもの修羅場をくぐり、何人もの人を殺めてきたんですが、死線を越えるような状況になり、初めて「自分はなんのために生きてきたのか」と目覚めた。そうして『五輪書』を書き残したんです。つまりこれは、命がけで書き綴った実践書なんですね。だからこそ私の心は何度読んでも離れないし、時代とともに新しい発見があるんだと思います。

【作品紹介】
『五輪書』
江戸時代の剣豪、宮本武蔵。60を超える真剣勝負に勝ち抜いてきた彼が、実体験を通して得た兵法の奥義を説いたのが本書。武芸書の古典としてだけでなく、現代人の心の鍛錬の書として、今もなお読み継がれている。


著:宮本武蔵(著)渡辺一郎(校注) 発売日:1985年2月 出版社:岩波文庫

五輪書

amazonで購入

藤岡弘、さんの3冊目:『日本人の誇り』歴史のイメージが変わる、新しい近現代史

藤岡弘、

藤原正彦先生の本は、ベストセラーとなった『国家の品格』を読ませていただいてから、先生の講演記録やメッセージなどにも注目するようになりました。というのも、読んでみて、「この人は世界を知っていらっしゃる」と思ったんですね。私がこれまで100ヶ国近くを歩いて得てきた世界観と、共感する面が多々あった。これはすごいと思いました。震災後に刊行されたこの本は、幕末から現代に至る歴史が克明に赤裸々に綴られていて、なぜ日本がこのような歴史をたどり、なぜ日本人が誇りを失ってしまったのかがよくわかります。これを読めば、今までの日本に対する自虐的な思いが消えて、誇りを持てるようになることでしょう。歴史のイメージが刷新されるすばらしい本なので、ぜひ若者に読んでいただきたいですね。

【作品紹介】
『日本人の誇り』
「個より公」を重んじる日本人の精神性は、なぜ失われてしまったのか? 『国家の品格』の著者が、幕末から昭和に至る日本の近現代史を、独自の視点からひもとき検証。国難の時代に、日本人の誇りと自信を呼び覚ます。


著:藤原正彦 発売日:2011年4月 出版社:文春新書

日本人の誇り

amazonで購入

藤岡弘、

藤岡弘、
俳優

1965年に松竹映画にてデビュー後、1971年に『仮面ライダー』で一躍ヒーローに。 映画は『日本沈没』、『野獣死すべし』、『大空のサムライ』他、TVは『勝海舟』、『白い牙』、『特捜最前線』、『あすか』、『藤岡弘、探検シリーズ』他、主演多数。現在もCM、ドラマ等多方面で活躍中。また1984年、ハリウッド映画『SFソードキル」』主役に抜擢され、国際俳優として、スクリーン・アクターズ・ギルド(米国俳優協会)のメンバーとなる。「K2」「香港・東京特捜刑事」にも出演し、ハリウッド関係者との親交も深い。 さらに斬(真剣による演武)を行う武道家としても知られ、柔道、空手、刀道、抜刀道、小太刀護身道他、あらゆる武道に精通。また、メンバーと共に、国内はもとより世界数十カ国の紛争地域、難民キャンプにて救援活動を展開してきた。
http://www.samurai-hiroshi.com/

他カテゴリの記事を読む

ページトップへ