本文へ

製品情報>“VAIO”>My VAIO>My VAIO MAGAZINE>Book>齋藤教授が選ぶ、使える古典3冊

My VAIO MAGAZINE

齋藤教授が選ぶ、使える古典3冊 ナビゲーター:教育学者 齋藤孝

齋藤教授が選ぶ、使える古典3冊 ナビゲーター:教育学者 齋藤孝

教育学者として大学で教鞭を執るかたわら、『声に出して読みたい日本語』『読書力』『読書のチカラ』など、本や読書にまつわる本も多く執筆されている齋藤孝さん。そんな読書巧者である齋藤さんに、今を生きるビジネスマンにおすすめしたい「使える」古典3冊を紹介してもらいました。

齋藤孝さんの1冊目:『論語物語』

齋藤孝

小説家の想像力によって現代に蘇る孔子の教え

下村湖人は小説家であるとともに教育者でもあるのですが、この本からは、下村湖人の教育への情熱というものも感じられます。また、そうした観点から教育者としての孔子を見ると、一つひとつの言葉も非常に重みを増してくる。私もふだん大学で教員養成をしていて、授業には教師になりたいという学生が集まっているのですが、この本を課題図書にすると大変評判がいい。生徒たちも「こういう本に出会えてよかった」と言ってくれますね。

言葉の断片を物語にした『論語物語』

私が『論語』と出会ったのは高校生のときで、夏休みの宿題として読みました。その時から「いい言葉が語りかけられているな」という印象は持っていて、その後もなじみ、2年前には全訳を出すほどに愛着を持つようになりました。その過程で出会ったのが、下村湖人の『論語物語』です。『論語』の言葉というのは断片ですが、この本ではそれを物語、つまりドラマにしてあるところが魅力ですね。たとえば、「今女(なんじ)は画(かぎ)れり」という言葉が出てくるところがあります。孔子の弟子が、先生の教えに憧れているけれど自分の力が及ばないことが残念だと言うと、孔子はこう言います。「自分で自分の力を限るようなことをいうのは、自分の恥になっても、弁護にはならない」と。『論語』とはこうした厳しい言葉の連なりが本になったものですが、そこに物語性が加えられることで光景が目に浮かび、自分が孔子の弟子になったような気分で読むことができます。ですからこの本は、初めて『論語』に触れるという方にも読みやすいと思います。

齋藤孝

【作品紹介】
『論語物語』
儒教の祖・孔子とその弟子たちの言行をまとめた『論語』。日本でも長く読み継がれてきたその教えを、『次郎物語』の著者で作家、教育者でもある下村湖人が、軽やかな現代語によって再構成した物語。


著:下村湖人 発売日:1981年4月 出版社:講談社学術文庫

論語物語

amazonで購入

齋藤孝さんの2冊目:『学問のすゝめ』

齋藤孝

現代にも響く、近代日本からのメッセージ

この本で福沢諭吉は「平等」を尊重しながらも、「独立」の気概を持つことを訴えています。つまり、独立した国家となるためには、個人も独立しなければという具体的なメッセージを発信した。そこには今の時代にも通じる、むしろ今こそ知ってほしい言葉があります。また福沢諭吉は、非常にさっぱりとした合理的な考えの人なので、読んでいて気分がいい。私もよく似た性格なので、気質的にも合うのかもしれません(笑)。

福沢諭吉は、選手を盛り上げる監督のような存在

『学問のすゝめ』は明治初期、日本が近代国家への第一歩を踏み出したときに書かれたもので、勉強をしっかりすれば、身分に関係なく、誰もが自分の力を発揮できる社会になるのだという希望を与えたものです。今でもこの本を読むと、もっと勉強しようとか、自分の枠にとらわれずチャレンジしてみようという気持ちになると思います。福沢諭吉という人は、サッカーの世界でいうレアル・マドリードのモウリーニョ監督みたいに、選手を盛り上げる存在ではないでしょうか。日本をひとつのチームとして捉え、「平等を実現するためには、勉強するしかない」と人々を盛り上げる動機を与えている。古い言葉で読みにくい部分もあるので現代語訳をしましたが、力のある人は原文を音読されると、福沢諭吉の言葉自体もいいので、より響くものがあると思います。

齋藤孝

【作品紹介】
『学問のすゝめ』
近代日本を代表する思想家である福沢諭吉の代表作。身分差別が色濃く残る明治時代に、自由平等・独立自尊の理念を掲げ、空前のベストセラーとなる。学問こそが道を開くと説いたその教えは、今も色褪せることない輝いている。


著:福沢諭吉 発売日:2006年4月 出版社:講談社学術文庫

学問のすゝめ

amazonで購入

齋藤孝

齋藤孝
教育学者

1960年、静岡生まれ。明治大学文学部教授。
東京大学法学部卒業。同大学院の教育学研究科博士課程を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。 2001年に出した『声に出して読みたい日本語』(草思社・毎日出版文化賞特別賞)がシリーズ250万部のベストセラーになり日本語ブームをつくった。 著書に『身体感覚を取り戻す』(NHK 出版・新潮学芸賞)、『読書力』(岩波新書)、『質問力』(ちくま文庫)など多数。NHK 教育テレビ「にほんごであそぼ」総合指導。TBS系「情報7daysニュースキャスター」にレギュラー出演中。

他カテゴリの記事を読む

ページトップへ