本文へ

製品情報>“VAIO”>My VAIO>My VAIO MAGAZINE>Book>齋藤孝が選ぶ、心を潤す本3冊

My VAIO MAGAZINE

齋藤孝が選ぶ、心を潤す本3冊 ナビゲーター:教育学者 齋藤孝

齋藤孝が選ぶ、心を潤す本3冊 ナビゲーター:教育学者 齋藤孝

教育学者として、また『声に出して読みたい日本語』をはじめとした多数の著書を持つ作家として、精力的に活動されている齋藤孝さん。今回は、ストレスフルな現代人の乾いた心に「潤い」を与えてくれる、とっておきの3冊を紹介してもらいました。

齋藤孝さんの1冊目:『俳句』

齋藤孝

イメージの広がりの中で言葉を捉える

 前回は、ビジネス書として今の時代にも「使える」古典をご紹介しましたが、一方で私は、心を潤す読書というのも大切だと思っています。現代社会は、とてもストレスが多い。それを癒すのは、美的な感受性だと思います。美に触れるということ、それも音楽や美術のような直接的な美だけでなく、本を通じて感じる詩的な感受性を養うことにも意義があると思っています。そこでご紹介したいのが『俳句』という本です。この本では、季節ごとに紹介されているすべての俳句に風景写真が添えられている。俳句って、普段みなさんはそんなに接する機会がなく、いきなり読んでも「何を言ってるのかわからない」ということがあると思います。そんなときでも写真があると、「ああ、こういうことなんだ」ってわかる。日本人は自然とともに感性を育んできてるので、イメージの広がりの中で、言葉をとらえることができるわけです。

言葉とイメージによって癒される心

この本は写真集としても美しいのですが、それだけではなく、言葉とセットであるというところがとても魅力だなと思っています。言葉だけでなく、イメージや夢が心を癒すという面がある。そのことに気付かせてくれる本なのです。さらに、英訳が併載されているところがいい。俳句が英語で表現されることで、日本語とはまた違うニュアンスになるというのもおもしろいですね。

齋藤孝

【作品紹介】
『俳句』
五七五音律という世界最短の定型詩「俳句」。古今から選ばれた俳句を季節ごとに集め、四季折々の風景写真を添えた、俳句と写真のアンソロジー。研ぎ澄まされた言葉と写真、そして美しい造本により、新しい俳句の魅力に出会える。


選・文:高橋睦郎 写真:井上博道 発売日:2009年8月 出版社:ピエ・ブックス

俳句

amazonで購入

齋藤孝さんの2冊目:『クレーの絵本』

齋藤孝

美的な感受性を刺激する、言葉と絵のコラボレーション

 言葉とともにイメージが心を癒してくれるのは、写真だけではありません。20世紀を代表する画家のひとり、パウル・クレーの絵と谷川俊太郎さんの言葉がセットになったのが『クレーの絵本』です。クレーの絵というのは象徴的で、一見、子どもが描いた絵のようにも見えるけれど、実はすべて考え抜いて描かれている。この絵からインスピレーションを得た詩を谷川さんがつけているのですが、その関係性がとてもいいんです。詩を読んで絵を見ると「なるほど」という気がしてきますが、決してその詩は絵を説明しているのではなく、それ自体が独立したクリエイティブな作品になっている。きちんとコラボレーションした作品になっているので、読んでいると、心のふだん使っていない部分がしなやかになるのを感じます。本来、日本人は俳句を詠んだりして、美的な感受性を持って生活をしてきました。現在はそういう部分が少し薄れてきている気がするのですが、そうした使っていない部分を動かすためにも、こうした言葉と絵の本というのはとても重要なのではないかと思いますね。

画家と詩人の時空を超えたコラボレーション

僕は若い頃からパウル・クレーが好きで、当時、『造形思考』というクレーのバウハウス時代の論考をまとめた本を読み、クレーがいかにひとつの線や点に至るまで考え抜いて描いているのかを知りました。そういう目で見ると、まるでいたずら描きのようにも見える象徴的な絵が、さまざまな意味を持ってきます。この詩画集では谷川俊太郎さんの詩もひとつの作品なので、詩と絵それぞれから、いろんな想像がふくらむ本だなと感じています。

齋藤孝

【作品紹介】
『クレーの絵本』
「若いころから彼の絵にうながされて詩を書いてきた」という詩人の谷川俊太郎。そんな彼がクレー作品の「深い感情」を見つめるように書いた14編の詩と、詩情あふれるクレーの40点の絵が一冊になった詩画集。


絵:パウル・クレー 詩:谷川俊太郎 発売日:1995年10月 出版社:講談社

クレーの絵本

amazonで購入

齋藤孝

齋藤孝
教育学者

1960年、静岡生まれ。明治大学文学部教授。
東京大学法学部卒業。同大学院の教育学研究科博士課程を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。 2001年に出した『声に出して読みたい日本語』(草思社・毎日出版文化賞特別賞)がシリーズ250万部のベストセラーになり日本語ブームをつくった。 著書に『身体感覚を取り戻す』(NHK 出版・新潮学芸賞)、『読書力』(岩波新書)、『質問力』(ちくま文庫)など多数。NHK 教育テレビ「にほんごであそぼ」総合指導。TBS系「情報7daysニュースキャスター」にレギュラー出演中。

他カテゴリの記事を読む

ページトップへ