WEEKLY MAGAZINE

いま注目のビジネス、スポーツ、アイテム、イベントなどを
紹介する大人のためのライフマガジン。

プロフィール

2015.1.29 プラチナランチ運営事務局・広報担当 嵜本健司
ピザでも蕎麦でも、デリバリーの配達員といえば男性が主流。そんな中、新人女優やモデルがランチを届けてくれる、かつてないサービスが誕生しました。それが2014年11月にスタートした法人向けの宅配ランチサービス『プラチナランチ』です。人気店や老舗名店の高級弁当を届けてくれるのは、大手芸能プロダクションに在籍するタレントの卵たち。過熱する宅配弁当サービスの中で、なぜ『プラチナランチ』はこのスタイルで勝負に出たのでしょうか。プラチナランチ運営事務局・広報担当の嵜本健司さんにお話をうかがいました。

高級弁当とともに「美」と「おもてなし」を届ける

──芸能プロダクションに所属する女性タレントがお弁当を届けるというアイデアは、どのようにして生まれたのですか?

嵜本:『プラチナランチ』はWEBサイトの開発・運営を主に手がける株式会社ソーシャルキャピタル総合研究所が運営しているのですが、サービスのひとつとして医療向けの宅配弁当を展開していたところ、「配達員の身なりをもう少し綺麗にできないか」というご不満の声をいただいたんです。そこで、「せっかく厳選されたお弁当をお届けするのだから、配達員の質にもこだわったサービスにしよう」と思いついたんです。また、これもサービスのひとつとして芸能プロダクション「プラチナムプロダクション」さんのオフィシャルサイトの運営も手がけていたことでつながりがあり、新人のタレントさんにご協力いただけないかとお願いしたところ、快諾していただいたというわけなんです。

──オフィシャルサイトには「女性による細やかなサービス」「女性ならではのおもてなし」とありますが、具体的にはどのような点が従来の宅配サービスと異なるのでしょうか?

嵜本:これまでの宅配弁当サービスは、玄関先でお弁当を渡して終わりでした。でも『プラチナランチ』では、女性スタッフがお弁当をお客様の前に置き、ご希望に応じてお茶をいれたり、醤油やドレッシングをおかけするなど、お食事のセッティングまで携わります。また、ミシュラン一つ星の人気レストランや高級老舗店など、そこに行かなければ食べられない味をお弁当にして届けたいというのがこのサービスの本来の主旨なので、こだわりの料理の情報もしっかりお客様へお伝えしようと、メニューのご説明もしています。ただおいしいお弁当を提供するだけでなく、食べるまでの過程も楽しんでもらおうというサービスなんです。


『プラチナランチ』のトップページ(左)、 ミシュラン一つ星の人気レストランや高級老舗店など、20店舗近くからお弁当を選ぶことができる(右)

企画を立ち上げたのは女性中心のプロジェクトチーム

──スタートした当初は、利用できるのは一部上場企業に限定されていました。

嵜本:そうですね。最初の1ヶ月間は、上場企業限定とさせていただきました。というのも、サービスを運営するにあたり、私たちとしてはタレントさんの安全を守らなければいけません。それで、お届け先がどういう会社なのか把握でき、安心してタレントさんを派遣できるところとお取引したいと思ったんです。でも、スタートしたら上場企業以外の会社からのご依頼も多くいただいて、調べてみると、当方が設定させていただいている審査基準を満たしているところがほとんどでした。そういうご要望にも応えられるようにと、12月からは法人全般に門戸を広げさせていただいています。ただ、どういう会社なのかわからない場合などは、お断りさせていただくケースもあります。

──サービスインをして1ヶ月が経ちましたが、反応はいかがですか?

嵜本: おかげさまで好調で、最初の1ヶ月間で50件以上もの注文依頼がありました。当初は、重役の方々の会議やお客さんを招いてのランチミーティングなどでの利用を想定していたんですが、上司の誕生日などでのサプライズの演出として利用されるケースが意外と多かったです。配達スタッフが入った途端に「ワー!」と拍手で迎えられて盛り上がる、なんていうこともありました。あと、当初は「モデルや女優さんが来たら男性は喜ぶけど、女性はイケメンが来る方がいいんじゃない?」という意見も運営事務局内でありましたが、予想以上に女性の方にも喜んでいただいているようです。実はこの企画自体、女性中心のプロジェクトチームが立ち上げたものなんです。食べ物を扱う人の服装などを気にされる女性は潜在的に多かったようで、清潔感のある品のいい女性によるサービスは、女性にとっても気持ちいいものなんだと思います。


インタビューを受ける嵜本さん(左)、スタッフは上品で清潔なユニフォームを着用。自分の言葉で料理の説明をできるように、注文を受けてから「お弁当配膳研修」に参加する(右)

「美人すぎるお弁当配達員」が誕生する可能性も!?

──1店舗あたり3万円以上のオーダーが必要で、そこに配送・サービス利用料の10%が加算されます。比較的高めの価格設定となりますが、なぜこの価格帯にしようと思われたのでしょうか?

嵜本:当サービスでは3日前までにご予約をいただけるようお願いしているのですが、それは3日間で配達スタッフに「お弁当配膳研修」をしているからなんです。また、現場にはタレントさん以外のスタッフが必ず立ち会い、それとは別にドライバーも必要となります。それだけ人力と労力がかかっているので、一回である程度の売上げを立てられる価格設定にさせていただいております。

──「お弁当配膳研修」とは、具体的にどういうことをされるのですか?

嵜本:たとえば、配膳の際はお弁当に両手を添えるといった配膳のマナーから、礼儀作法、言葉遣い、おもてなしの心得などを、専任のスタッフが徹底的に指導します。また、お届け先がどういう会社なのかをきちんと頭に入れてもらうとともに、実際に自分でお弁当も試食して、自分の言葉で料理の説明ができるようにしています。服装は白のブラウスに黒のスカート、髪型は必ず黒髪で束ねて、派手なネイルは厳禁。そうした細かなルール作りをすることで、「美」と「おもてなし」のプロフェッショナルを育てているわけです。芸能プロダクションにとってタレントのマナー教育は必須なのですが、なかなか実践的に学べる機会はありません。でも『プラチナランチ』のスタッフになることで、実際に社会に出て、マナーや礼儀作法を身につけることができるというメリットもあるんです。

──配達スタッフは女優やモデルを目指している女性ですが、彼女たちは「プラチナランチ」で働くことにどのようなモチベーションを持っているのでしょう?

嵜本:プラチナムプロダクションさんには、木下優樹菜さんやトリンドル玲奈さん、菜々緒さん、おのののかさん、筧美和子さんなどが所属されていますが、たとえば、おのののかさんはデビュー当時ビールの売り子をされていて、「美人すぎるビール売り子」として注目を集めました。そんなふうにプラチナムプロダクションさんでは、これまでのモデルやグラビアといった仕事の枠を超えた場面での活動に、さまざまな可能性があると考えていらっしゃいます。今の時代、ブレイクするきっかけはどこにあるかわからないですからね。『プラチナランチ』ではFacebookなどのSNSで写真とともに活動報告をしていますが、そこから顔を覚えてもらえるかもしれないし、ひょっとしたら大手企業さんにお弁当を運んだことがきっかけでCMのオファーがくるかもしれない。そうした活躍の場が広がるチャンスとして、ご本人たちにも積極的に取り組んでもらっています。

取材を振り返って

都心を中心とした高級宅配弁当が注目を集める中、「美」と「おもてなし」をテーマに競合他社との違いを明確にした『プラチナランチ』。一見、男性目線を意識して生まれたように思えるサービスですが、お話をうかがい、清潔感とマナーを重視したコンセプトが、男女を問わず利用者に受け入れられていることがわかりました。お弁当のセッティングまで担ってくれるのは若手社員や女性社員にもうれしいサービスでしょうし、配達するタレントさんにとっても、料理の魅力を言葉で伝える訓練は、将来テレビ番組での「食レポ」などにも活かされそうです。お金を出せば、一流の味がどこでも楽しめるようになった現在。高級店の「味」だけでなく、そこに付随する雰囲気やおもてなしを提供するサービスは、価格やボリュームなどとは比較できない大きな価値となりうるように思いました。

プラチナランチ Profile

法人企業限定のお弁当宅配サービス。老舗・人気レストランの厳選された高級弁当を、女性による細やかなおもてなしでお届け。デリバリーを担当するスタッフは、大手芸能プロダクション「プラチナムプロダクション」に所属する女優やモデル、タレントの卵たち。なお、配達スタッフの指名は不可。注文は1店舗あたり30,000円(税抜)以上、また配送・サービス利用料として商品の合計金額に10%が加算される。
http://platinum-lunch.com/